スマホ依存に隠れた気持ち

Pocket

■スマホ依存の裏にあるもの
 依存になる人は、そのこと自体が好きというよりも、それ以外になにがしかの悩みがあって、そこから逃げる行動のひとつとして依存をしていることがほとんどだと言われます。
 スマホ依存も同じです。
 確かに、スマホのゲームは楽しいものですし、夢中になるような仕掛けがたくさんあります。また、友人とのSNSでは、集団の圧力もあるので、なかなかやめられないこともあるでしょう。
 大切なのは、それはそれ、と思えるかどうかです。
 幼いころから、様々なものに触れ、それぞれ楽しい、価値があると思って育った子供は、スマホも「楽しいもののひとつ」になります。
 友人との会話は確かに大切だけども、今はしなくても、友人はわかってくれるし、大丈夫。
 そう思えるかどうかは、自分自身の情緒が安定しているかが非常に大きな要素になります。
 そして、そのいずれも、生まれ、育っていく中で、保護者をはじめとした周囲から、どれだけ愛情を受けて育ったかによって変わります。
 スマホ依存に、子どもがなってしまったとしたら…?
 スマホを禁止することも大切でしょうが、もっと大切なことは、他に何か、楽しいこと、自信が持てること、達成感や充実感が感じられることを一緒に探してあげること。
 そして、安心できる人間関係を作れるよう支えてあげることです。
 その中では、身近な存在である保護者の方自身が、子どもを支える、という姿勢を明確にし、それを伝え続けていく事です。
 「友達とLINEしないと、仲間外れにされる」と子どもが言ったら、
 「そうか、友達も、不安でいっぱいなんだろうね。きちんと関わっているあなたは素晴らしいね。でも、もし仲間外れにされても、私は味方だからね」と伝える。
 実際に仲間外れになっていい、ということでなく、もしそうなっても一人ではない、ということを伝えていく事が大切です。
 スマホ依存の裏側にあるのは、子どものだらしなさではなく、寂しさかもしれません。
 その寂しさに気づき、支えてあげることができれば、依存はなくなるのかもしれませんね。